人参の葉っぱのジェノベーゼ

イタリア料理

ファーマーズマーケットで買ったにんじんについていた、新鮮な大量の葉っぱ。
綺麗に洗って硬い茎の部分は取り除きます。

味は青臭さと苦みが先に来て、あとから人参の甘味がきます。
サラダにするか、お浸しにするか、いろいろ考えましたが、
今回はPestoソースにします!
本来はバジルで作るけど、違うグリーンで作っても、風味が変わっておいしいです。



Pestoはそのままペストで、ペースト状の、主にジェノベーゼソースのことをペストと呼びます。語源はイタリア語です。イタリアではペスト・ジェノベーゼらしいです。
ジェノベーゼだけだと全然違う牛肉とトマトのパスタになるそうです。
日本語ではペストは伝染病を想像しますね。だからジェノベーゼっていうのかな。
ちなみにそっちのペストは英語だとPlagueになるので全然違いますね。

材料も作り方もシンプル。ミキサーで混ぜるだけです。

スーパーの棚に瓶詰めで売ってます

人参の葉っぱのペストソース

  • 人参の葉っぱ 2カップ
  • 松の実、(もしくはクルミなどの他のナッツ) 1/4カップ
  • にんにく 3かけ程
  • パルメザンチーズ 1/2カップ
  • オリーブオイル 1/2カップ
  • 塩 小さじ1
  • 胡椒 少々
  1. 葉っぱをよく洗う。
  2. すべての材料をブレンダーで細かくなるまで回して完成!味見をして塩加減を調節してください。

パルメザンチーズがなくなっていて、他のチーズをあさっていると、ちょうど硬くなってた古いミモレットを発見。
これをキッチンエイドのスタンドミキサーのアタッチメントのグレーターで粉チーズに。

キッチンエイドのミキサーはとっても便利!
大きくて場所とるし重いけどアタッチメントがいろいろあって、ミキサーだけでなくいろんなお料理に役立ちます!
それについてはまた別の機会に。

ミモレットは塩気も旨味も強いチーズなのでおいしくなるはず!
ということでパスタにします!

具はスモークトラウトのほぐした身、マッシュルーム、ドライトマト、作ったペストソース。

パスタを茹でている間に、旨味を引き出すため、ドライトマトをフライパンでオリーブオイルと軽く炒めて焦げ目をつけておきます。他の具も一緒に入れて軽く炒めて味をなじませます。

二人分のパスタの時は、中華鍋を使うと便利。

パスタが茹で上がったら、具のフライパンに入れ、最後にペストソースを絡めます。一人分大さじ山盛り1杯くらい。
ペストソースは火が通りすぎるとせっかくのきれいなグリーンカラーが褪せてしまうので、軽くなじませる感じでOK。

仕上げにフレッシュトマトと人参の葉っぱを添えて♪

今回はリガトーニを使いました。
太目のパスタはどんなソースもよく絡むので好きです。

ペストソースがさわやかで、スモークトラウトとミモレットの塩気がちょうどいいバランスでした。
もちろんワインが進む♪

このペストソース、パスタ以外にもいろんな料理に使えます。
肉料理や魚料理のソースにもぴったり。
これからの季節、めんつゆに入れて変わり種そうめんとかもおいしいですよ♪

バナーをクリックして応援してもらえると嬉しいです♪


にほんブログ村 料理ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ にほんブログ村 海外生活ブログへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました